石川遼君もエスプリライン



総合トップトップページ新着情報今日は何の日在宅ワーク
無料でいろんなカテゴリーの英単語&例文を音声付で学べます!!

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行運勢 未来健康 医療

ビジネス英語でeメールを出す側の心得

ビジネス英語入門編
ビジネス英語でeメールを出す側の心得

メモビジネスにおける不要なeメールの対策を考えていきましょう。
これは英文だけでなく、日本でも同様の事が当てはまりますので良く理解しましょう。

eメールを出す側の心得
会社のパソコンや自宅のパソコンに必要の無い、読みたくも無いmail toDM(ダイレクトメール)が届く事もしばしばあります。
しかしfax toeメールを送付する側にとっては、eメールは便利な通信手段であり、新規顧客を開拓する上で必要な行為なのです。
ご自分が出す側になった場合、送信する相手に迷惑にならないfax toDMを送る様に心掛けたいと思います。
いきなり相手から勝手に送付されてくるeメールの事を「迷惑メール」と呼んでいますが、英語では「unsolicited e-mail」と言います。
又はジャンクeメール「junk e-mail」やスパム「spamming」とも呼ばれる事があります。
もともとはメールレター等の郵便物を「unsolicited mail」または「junk mail」と呼ばれた所からきています。
郵便物であれば開封してもそのままゴミ箱行きとなりますが、eメールの場合、巧妙な手口で迷惑メールと分かりにくくなっている場合も多いですから時間が取られる分少々厄介です。
インターネット上でのエチケットを「ネチケット」と略称し、「netiquette」と英語ではつづります。
ご自分がDMを送付する場合には、相手にも分かり易く、文章も極力短く書く事が重要です。
そうする事で相手にも意図がすぐ伝わり、他のDMよりも好印象を持ってもらえると思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 12:53 | Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。