石川遼君もエスプリライン



総合トップトップページ新着情報今日は何の日在宅ワーク
無料でいろんなカテゴリーの英単語&例文を音声付で学べます!!

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行運勢 未来健康 医療

ビジネス英語のeメールワンポイント1

ビジネス英語 入門篇
ビジネス英語のeメールワンポイント1


経済誌、ビジネス書にもビジネス英語

ビジネスシーンのeメールにおける注意点やワンポイントを知っておくとより良いeメールが作成できると思います。

もし初めてビジネスeメールを送信する相手であれば、何処でメールアドレスを入手したか記述しておくと良いでしょう。

これは日本でも同様だと思いますが相手に無用な警戒をさせない為に有効です。
ホームページでメールアドレスを知った場合、そのホームページの名称やURLを記述する事で、「ああ、ホームページを見てくれたのだな」と瞬時に分かってもらえます。
そう言う相手への気使いが良い返事をもらえる事に繋がるでしょう。

それでは大文字と小文字の区別について調べていきましょう。

英単語を記入する時、大文字で始めた方がいいのか小文字で始めた方がいいのか迷う時がありますね。
記述の方法は英文法の規則が当てはまるのです。

原則は、「固有名詞」である場合は大文字で始め、「普通名詞」である場合は小文字で始めるのが一般的です。
下記にインターネットで代表的な英単語を表します。

<例>
「World Wide Web」は固有名詞なので大文字で始めます。

「WWW」も同様に固有名詞なので大文字で始めます。

「intranet」は普通名詞なので小文字で始めます。

「e-mail」は普通名詞なので小文字で始めます。

「on-line」も普通名詞なので小文字で始めます。

慣れないと少々面倒ではありますがしっかり覚えて正しい英単語を記入したeメールを送信しましょう。


★医療機関で働きたい!生涯活かせる確かな資格 >>> 医療事務講座


posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 10:20 | Comment(0) | ビジネス英語のEメール工夫1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。