石川遼君もエスプリライン



総合トップトップページ新着情報今日は何の日在宅ワーク
無料でいろんなカテゴリーの英単語&例文を音声付で学べます!!

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行運勢 未来健康 医療

ビジネス英語での年月日の表わし方




英文における年月日の書き方が違っている事をご存知でしたか?
英語圏とひと言で言ってもメールやFAXを送信する送信先の国によって、誤解を招く事もありますので注意しましょう。




主にアメリカと、ヨーロッパ、英国には下記の様な違いがあります。
日本語での日本式ではご存知の通り、年→月→日の順ですが、アメリカ式、ヨーロッパ・英国式では下記の様になります。

■アメリカ式:月→日(カンマ)年の順番で記入します。

  例: July 10,2007

■ヨーロッパ・英国式

  ヨーロッパ・英国式:日→月(カンマ無し)年の順番で記入します。

  例: 10 July 2007

分かりますね、アメリカ式とヨーロッパ・英国式では、月と日を全く逆に記入しなければなりません。

上記の様に記入すればもし間違いをした場合でも何とか理解できるのでしょうが、FAXや書類などで良く見かける間違いとしては、日付に/を使用した省略形による間違いです!

送信先によって、アメリカとヨーロッパ、英国では、逆に伝わってしまう可能性があるのです。

例えば、日本式では、「07/7/10」を記入する場合、アメリカ式で「7/10/07」と記入しました。

アメリカ式だと「7月10日(2007年)」で合っていますが、ヨーロッパ・英国式だと「10月7日(2007年)」となってしまうのです。

ひとつの書き方でも全然違う月日に解釈されてしまいます。

もし間違えた場合でも誤解を避けるためには、アメリカ式、ヨーロッパ・英国式でも、月名(July等)は省略せずに記入する事が良いでしょう。



お仕事探しをするならジョブリンク!!

派遣の登録・お仕事検索をするならジョブリンクがオススメ。

5社の派遣会社に一括登録できるし新しいお仕事がいっぱい!

⇒詳しくはコチラから
posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 06:04 | Comment(0) | ビジネス英語での年月日の表わし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。