石川遼君もエスプリライン



総合トップトップページ新着情報今日は何の日在宅ワーク
無料でいろんなカテゴリーの英単語&例文を音声付で学べます!!

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行運勢 未来健康 医療

ビジネス英語の文書構成

ビジネスにおいてメールや文書を英語で書く事も最近は多いです。
日本語で記述する場合は何も問題ありませんが、英語で文書を作成するとなると、うまく相手に伝えなければなりませんし、結構な時間考え込んでしまいます。

案外日本語での文書作成も要点だけおさえた物でなく、つらつらと余分な事を書いているかも知れません。
英語での文書作成を考えるこの機会に相手に伝わりやすい文書構成を身につけたいと思います。
分かりやすい文書は上司や取引先の興味を引き付ける事も出来ますし、評価も上がるでしょう。

では英語での文書構成について考えていきましょう。

1.レターヘッド「Letterhead」

提出先や取引先の会社名、住所、電話、メールアドレスなど、又、自分の同内容を記入します。

2.日付「Date」

きちんと英文での表記をします。
アメリカと英国、ヨーロッパでは表記方法が異なるので注意します。

3.宛名「Inside Address」

提出先の相手の名前を記入します。

4.頭語「Salutation」

Dear××で始めますが、フルネームで書かない様にします。

5.件名「Subject」

すぐ用件が分かる様に簡潔に記入します。

6.本文「Body」

7.結び「Complimentary Close」

Sincerely,と記入します。

8.署名「Signature」

ご自分の名前を記入します。

基本の構成はこの様になっていますが、日本語と同じで重要なのは簡潔な件名、文書なので良く考えて記述します。
キーワード一覧
ビジネス英語

posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。