総合トップトップページ新着情報今日は何の日在宅ワーク
無料でいろんなカテゴリーの英単語&例文を音声付で学べます!!

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行運勢 未来健康 医療

日商ビジネス英語検定

日商ビジネス英語検定
ビジネス英語 ビジネスマナー

「日商ビジネス英語検定」について紹介していきます。
世界共通検定と言われているTOEICやTOIFLと並んで、ビジネスパーソンにとって高評価となる有効な検定となっています。

様々なカテゴリの業種が凄いスピードでグローバル化していく中で、グローバルスタンダードの英語は全てのビジネスパーソンが必須と考えて行かなければならないコミュニケーションツールではないでしょうか。

グローバル化と深い関係を持つIT化の躍進により、今や瞬時に世界各国との取引が可能になっています。
この様な時代で、得意先から届いたメールを辞書や翻訳ソフトでいちいち解読していては、いくら時間があっても足らないでしょう。
当然の事ですが出来るビジネスパーソンは時間を大切にしますし、翻訳に時間がかかるなら何とか改善したいと思っているはずです。

「日商ビジネス英語検定」は特にWriting能力を重視した試験内容となっています。
ランク付けは1級〜3級とされています。

【日商ビジネス英語検定3級】
「入社前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力」
常識、入門知識、英語による文書や取引の基礎など
最低限の範囲で覚えておいた方が良い内容の出題となります。

日商ビジネス英語検定2・3級公式模擬問題集

日商ビジネス英語検定2・3級公式模擬問題集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本



【日商ビジネス英語検定2級】
「入社前または、入社後1、2年以内に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーション能力」

実務で使用されている英文のeメールやレター、企画書などの作成、国際マーケティング関連の出題です。

日商ビジネス英語検定2級公式テキスト

日商ビジネス英語検定2級公式テキスト

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 単行本



・1級は
「豊富な海外取引の実務経験があり、英語による十分なコミュニケーション能力を有する」


本格的なスキルの習得が必要ですが、その分取得している効果も大きいでしょう。
posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 17:54 | Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス英語の文例集

ネイティブとおしゃべりして友達になろう!エスプリライン【語学イベント】 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

ビジネス英語の文例集
ビジネス英語 ビジネスマナー



普段使用している日本語でも季節の挨拶や手紙を書いたり、自己紹介したりする場合、失礼が無い様な言い回しを考えたり、慣例に気を使わなければなりませんね。
なかなかいざと言う時にパッと出てくるものではありませんので、どうしても文例集を参考にしてしまいます。

日本語でもこんな状態なのですから、それが英語で、しかもビジネスで使用する場合、間違いでは済まされませんので失敗は許されません。

グローバル化と比例してインターネットでの英語文例集も、色々なシチュエーションを想定して準備されていますので大いに活用できます。
お気に入りに登録しておけば、いざという時には強い味方になってくれるでしょう。

ご自分に合ったものを検索して見て下さい。

ビジネスイングリッシュ・オンライン

一般的な基本の表現から商談における基本表現までを、一部音声も交えて紹介してくれます。

EIGO de Mail
「ビジネスメール自動作成サイト」となっており、基本的な例文に名前などを入力すると自動的に文章を作成してくれます。メール作成時の注意点や文例なども紹介されています。

スペースアルク
ビジネスシーンに最適な文例を紹介しています。
こちらも音声が再生出来ますのでヒヤリングによる習得も出来ます。

なかなか普段使わない英語をずっと覚えておく事は難しいですよね。
この様にツールを準備しておく事でビジネスシーンにおける「いざ」と言う時に備えておきたいものです


英語でEメールを書く―ビジネス&パーソナル「世界基準」の文例集 (講談社パワー・イングリッシュ)

英語でEメールを書く―ビジネス&パーソナル「世界基準」の文例集 (講談社パワー・イングリッシュ)

  • 作者: 田中 宏昌
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 18:38 | Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス英語のレター基礎知識

エスプリライン【語学イベント】

momobgyoko.JPG

ビジネス英語
ビジネスレター基礎知識
ビジネス英語とビジネスマナー

もはや英語はグローバルスタンダード、国際的に共通の言語であり、ビジネスにおいては英語力は必須スキルとなっています。

しかし企業や業種、職務内容によって、必ずしも取引先や相手が英語圏の方だとは限りませんよね。

不特定多数の相手とでも取引を成功させる必要がありますので、世界万国どこでも通用するビジネス英語とビジネスレターの基本的な知識を一緒に考えていきましょう。

国際的な共通スタイルをマスターすれば問題なくビジネスレターの作成が可能になるでしょう。

ビジネスレターは3つの基本原則と言えます。
1.形式、基本構成に沿って作成する。
2.失礼が無い様に、丁寧な言葉を使う。
3.簡潔、正確、丁寧な文章を心がける。


日本でも当たり前と思いますが、以上の3つを守れば英語に限らず世界万国で通用するのです。

英語や他国語だからといって緊張せずに、日本語でレターを構成する場合を想定しながら雛型を作成してみると良いでしょう。

英語のビジネスレターの記述として注意するべき事は
基本原則にもある「丁寧な言葉使い」です。
難しいとは思いますが英語にも当然丁寧な言い回しや表現、敬語が存在します。

英会話での話す言葉と文書を書く言葉にも大きな違いがありますので、例文などでよく調べて間違いのない様にしたいです。

また、英語のビジネスレターで日本と違う所は、率直な表現を心がける様にすることです。
英語圏では遠まわしな言い方が美化される文化ではないので的確に、具体的にはっきり表現しましょう。


ネイティブはこう書く!英文ビジネスメール・レター

ネイティブはこう書く!英文ビジネスメール・レター

  • 作者: Robert W. Bly
  • 出版社/メーカー: 語研
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: 単行本



posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 21:08 | Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス英語のコミュニケーション

世の中はグローバルが常識となっています。
ビジネスシーンにおいてビジネス英語での交渉、TV会議などを行う場合も少なくありません。
ビジネスにおける英語の上手なコミュニケーションは、英会話のスピード、ペースと、場の雰囲気作りから始まります。

双方の理解している内容が異なったり、分からなかったりする事で、イライラしてしまったり、何度も聞きなおしたりしてしまい、ギクシャクした雰囲気になることもありますが、その様な場合では良いコミュニケーションはできませんね。
英会話に限らず会話は相手があってこそ成立します。
苦手な英語を使って相手を強引に自分のペースに引き込むことは禁物ですが、なるべく自然に、ビジネスの場の雰囲気やペースを作っていくことが出来ると良いでしょう。
ビジネスシーンにおいての会議やミーティングの場合、日本人より時間を大切にしている習慣がありますので、多くはすぐビジネスの本題に移ることになります。
相手の進行でビジネス会議などが始まった場合、状況や進み具合を見守りたい所ですが、会議やミーティングにおいては、最初にagenda(議題)や目的を認識しあうのが一般的です。

ビジネス英語で意識したいのは、ビジネス会議やミーティングにおいておかれている立場、分担や責任を冒頭に良く説明しておく事です。
相手に自分の立場を理解してもらう事で、どの様な内容をあなたに話し、討議していけば良いか相手に伝わり、より良い雰囲気、効率的な進行が出来ます。
効率的な進行が行えると言う事はビジネス会議をリードしている人にとって最高の雰囲気となることでしょう。


ビジネス英語でコミュニケーション
 ┃
 ┣ FAXでのビジネス英語
 ┣ 年月日の表わし方 
 ┣ 会議の入り方
 ┣ レター構成
 ┣ レター基礎知識
 ┣ 文書のコツ
 ┣ Eメールの書き方
    ┣ Eメールの基本
    ┣ Eメール注意点
    ┣ Eメールワンポイント
    ┣ Eメール工夫(1)
    ┣ Eメール工夫(2)
    ┗ Eメールを出す側の心得
 ┣ 不要Eメールの対処方法
 ┣ 文例集
 ┣ 日商ビジネス英語検定
 ┣ ビジネス英語検定
 ┣ ビジネス英語の文書構成
 ┣ ビジネス英語のキーポイント
 ┣ 英会話集
 ┣ ビジネス英語で自己紹介
 ┣ インターネットで学ぶ
 ┣ スキルの習得
 ┣ ビジネス英語を身につける
 ┣ 東京で学べるビジネス英語
 ┣ 電話でのビジネス英語
 ┣ 英語の性的中立用語
 ┣ 英語におけるつづり
 ┗ ビジネス英語の辞書

携帯電話と最新デジタルガジェットセット


posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 07:49 | Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易に関する機関

貿易に関する機関
ビジネス英語 ビジネスマナー

貿易用語に関するカテゴリの中で協会や団体に関する貿易用語があります。
私たちにも生活している中で何か町の協会や団体に所属しているという方もいることでしょう。
貿易用語でいう協会や団体はどのようなものがあるのか、少し紹介していきたいと思います。
「FRB」という言葉はご存知でしょうか。
もしかするとニュースかなにかで聞いたことがありそうな言葉ですが、FRBというのはFederal Reserve Boardと書きます。
これは何かといいますと、最高意思決定機関とされている機関の名前です。
預金準備率を設定し、公開市場操作に関しての方針を決定するといった事が任務だそうです。
では少しお金に絡んで、他にどのような機関があるか触れてみたいと思います。
融資機関ではアジア開発銀行という国際的な機関があります。
アジア開発銀行はアジアの経済促進などを目的として設立されたものだそうです。
みなさんはどこからか融資を受けたことはありますか?今は日本にとどまらず、世界的に不況の波が押し寄せていますよね。例えば起業をしたい場合に資金の関係で銀行から融資をうけることもあるでしょう。
また、お金を借りるという意味では小さいところからするとキャッシングですとか、様々なローンがありますよね。
貿易に関してもこういった融資機関があるということです。
日本は2億ドルの搬出額だそうです。
2億ドルなんて金額はあまり想像できない金額ですが、実は最大の出資国です。

posted by ビジネス英語 ビジネスマナー 記録の細道 at 07:49 | Comment(0) | 貿易用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。